利用マニュアル > メールフォーム > 詳細設定

プラグインレイアウトと各設定

詳細設定ではメールフォームに関する様々な設定を行なうことが出来ます。
詳細設定を行なうには管理メニューの「詳細設定」をクリックしてください。
詳細設定をクリック

詳細設定にアクセスすると「プラグインレイアウトと各設定」の画面が表示されます。まずはメインであるメールフォームの設定を行なってみます。メールフォームの設定を行なうには以下の箇所をクリックします。
プラグインの設定アイコンをクリック

「詳細設定 > メールフォーム」にアクセスすると「基本設定」が表示されます。
基本設定

[送信先メールアドレス]
送信先メールアドレスとは、メールフォームから送られたメールの届き先です。
デフォルトではWOXユーザー登録時のメールアドレスになっています。
登録時のメールアドレス以外を送信先メールアドレスに設定したい場合、ここを変更して下さい。

[タイトル]
タイトルとはメールフォーム上部に表示されるタイトルのことです。
このタイトルは同設定内の「スタイル無効化」にチェックが入った状態では表示されません。

[上部コメント]
上部コメントとはメールフォームの以下部分です。
訪問者に何らかのメッセージがあれば記入します。
上部コメント

[スタイル無効化]
スタイル無効化を行なうとフォームの枠線やヘッダーを非表示に出来ます。
試しに解除する(チェックを外す)と以下のようになり、ヘッダー部分(タイトル)が表示されます。枠線は元々デザインされていないため表示されていません。フォームのデザインについては、メールフォームの利用マニュアル内「カスタマイズ > 全体」および「カスタマイズ > センター」で説明しておりますので、そちらをご参照下さい。
ヘッダー部分が表示されました


「フォームレイアウトと詳細設定」では、フォームの「名前」「タイトル」といった各項目をドラッグ&ドロップで自由に移動したり、それぞれを個別に設定することが出来ます。使用しない項目は「未使用」へ移動することでメールフォームから除外出来ます。
フォームレイアウトと詳細設定

フォームレイアウトは「上部」と「下部」に分かれています。実際のメールフォームでは以下の箇所になります。
上部と下部の説明


各項目の設定を解説します。
[名前・タイトル・メール・ホーム・クッキー]
上記5項目では、それぞれ「名称」「必須指定」「クッキー」の設定を行なうことが出来ます。
以下は「タイトル」での設定画面です。
フォーム部品の設定

「名称」では、以下のようにフォームのラベル部分(フォーム部品の名前)を変更できます。
実際に変更される箇所

「必須指定」は必ず入力(送信)して欲しい項目に適用します。例えば「タイトル」はデフォルトでは必須指定「無し」に設定されておりますが、必ず入力(送信)させたい場合は「必須」に設定します。必須に設定された項目は、空欄で送信しようとすると「タイトルが未入力です」とエラーメッセージが表示されるようになります。
エラー画面

「クッキー」は入力された項目に対しクッキーを適用させるか指定出来ます。クッキーとは一度入力した内容を訪問者のブラウザに記録し、次回から同様の内容を入力させる手間を省く便利な機能です。デフォルトでは「名前」や「メール」の項目で有効になっています。

[投稿キー]
「投稿キー」の項目では「名称」「クッキー」の他に、「キー」という設定項目があります。キーには秘密のパスワードを半角英数字8文字内で指定してください。投稿キーを設置すると、キーを知らない訪問者は送信することが出来なくなりますので、使い道として仲間内だけでメールフォームを利用したい場合に適しています。

[コメント・添付]
上記2項目では「名称」「必須指定」のみが設定出来ます。
「コメント」の必須指定に関しては、特別な理由が無い限り「必須」にしておくのが良いでしょう。
「添付」を使用すると画像などの添付ファイルを送信することが可能となります。

[自由項目1〜自由項目20]
「自由項目」ではユーザーが自由に項目を作り出すことが可能で、20個まで利用出来ます。
他の項目と同様「名称」「必須指定」「クッキー」の設定項目がありますが、その他に「フォーム形式」という設定があります。フォーム形式は「text 」「select」「radio」「checkbox」から選択可能で、それぞれ以下のようなフォーム部品になります。
フォーム部品の解説

形式を「select」「radio」「checkbox」に指定した場合、セレクト要素と送信値を設定します。例えばメールフォームにセレクトフォーム形式で、「性別」の項目を追加したい場合、フォーム形式を「select」に、セレクト要素と送信値の欄にはそれぞれ「男性,女性,秘密」等と記入します。各要素は必ず「,」(カンマ)で区切って記入し、セレクト要素と送信値の要素数は同じである必要があります。
自由項目の解説

実際にはメールフォームで以下のように表示されます。
セレクトフォームが表示されました

なお、フォーム形式を「radio」にした場合は以下のようになります。
ラジオボタンが表示されました

「checkbox」は以下のようになります。
チェックボックスが表示されました


また、セレクトフォームの先頭に「選択してください」等の文言を表示し、選択が行われない場合、送信エラー(エラーメッセージが表示される)にしたいときは以下のように設定すると良いでしょう。

セレクト要素は「選択してください,男性,女性,秘密」と指定、送信値は「,男性,女性,秘密」と指定します。送信値の先頭の要素をあえて空欄にすることで、送信時に性別を選択しなかった場合に送信エラーにすることができます。必須設定は必ず「必須」を選択して下さい。
選択してくださいの追加


[画像認証・送信ボタン]
上記2項目に関しては「名称」のみの設定となります。
投稿フォームに「画像認証」を設置すると、画像にあるランダムな文字と同じ文字を入力しないと投稿が出来なくなります。従って、機械的に投稿するスパムをブロック出来るようになります。

プラグイン追加

メールフォームで使えるプラグインは「ミニプロフィール」「友達リスト」「マイリンク」「フリーエリア1〜3」になります。プラグインの追加を行なうには管理メニューから「詳細設定」へ移動し「プラグイン追加」のタブをクリックします。
プラグイン追加をクリック

プラグイン新規追加の画面ではあなたのメールフォームに追加出来るプラグインがリストされています。試しに「フリーエリア1」を追加してみます。
追加ボタンをクリック

その後「プラグインレイアウトと各設定」へ移動し、「未使用」の欄に「フリーエリア1」が追加されていることを確認してください。
追加されました

未使用に配置してある状態では、プラグインは表示されませんので、「フリーエリア1」を好きな場所へ配置してみましょう。試しに「メールフォーム」の真上に配置してみました。最後に「プラグインレイアウトを保存」ボタンを押すと設定が保存されます。
ドラッグして移動します

プラグインの「フリーエリア1〜3」はユーザーが自由に書き込み出来る場所を作成できるプラグインです。「フリーエリア1」の設定アイコンをクリックし設定も行なっておきましょう。
設定アイコンをクリック

設定画面は以下になります。フリーエリアの欄に適当な文章を追加してみます。
記入

実際にメールフォームへアクセスしてみると、フリーエリア1が追加されているのが分かります。
フリーエリアが追加されました

プラグインは未使用に移動することで、メールフォームから除外することが出来ますが、完全に削除することも可能です。削除するには、削除したいプラグインを「ゴミ箱」へ移動し、最後に「プラグインレイアウトを保存」ボタンを押します。削除するとプラグインの設定データも全て削除されますのでご注意ください。
ゴミ箱へ移動
なお、削除されたプラグインは「プラグイン追加」のページに再度表示されますので、必要な時にまた追加出来ます。

カラム切り替え

カラムとはページを分割するブロックのことです。メールフォームではデフォルトでは1カラムになっていますが、サイドのブロックを追加し2カラムにすることが可能です。カラムの切り替えを行なうには管理メニューから「詳細設定」へ移動し「カラム切り替え」のタブをクリックします。
カラム切り替えをクリック

カラム切り替えの画面では「1カラム」「2カラム(左メイン)」「2カラム(右メイン)」の3種類から選択出来ます。試しに「2カラム(左メイン)」に変更してみます。「2カラム(左メイン)」を選択し、最後に「カラム変更」ボタンを押すと設定完了です。
2カラム(左メイン)を選択

「プラグインレイアウトと各設定」の画面へ移動するとカラムが変更され、「右カラム」が追加されたことが確認出来ます。
右カラムが表示されました

しかし、「右」にはプラグインが何も配置されていません。このような状態ですと実際のページには何も反映されませんので、適当なプラグインを配置してみましょう。配置出来たら最後に「プラグインレイアウトを保存」ボタンを押し設定を保存します。
プラグインを右に配置

それでは実際にメールフォームを見てみましょう。右にカラムが追加され「2カラム(左メイン)」の状態になったことが確認出来ます。
2カラム(左メイン)の状態

同様に「2カラム(右メイン)」に変更してみましょう。この時、右カラムは表示されなくなりますので、右に配置しているプラグインがあったら、未使用に移動し待避させておいてください。「2カラム(右メイン)」に変更したら今度はプラグインを左に配置しましょう。
プラグインを左に配置

配置出来たら最後に「プラグインレイアウトを保存」ボタンを押し設定を保存します。実際にメールフォームを見てみると以下のようになります。
2カラム(右メイン)の状態

なお、「1カラム」のときのセンターでは、点線で区切られた上部と下部には横並びでプラグインを配置出来ます。試しに上部へプラグイン2つを並べてみました。
センター上部に配置

実際のメールフォームでは以下のように表示されます。
センター上部にプラグインを配置したメールフォーム

上部と下部以外では縦に配置されます。
上部、下部以外では縦並び

実際のメールフォームでは以下のように表示されます。
縦並びでプラグインを配置したメールフォーム

メタ要素

「メタ要素」では主にページの概要を指定します。これらの情報は実際にはページ上に表示されませんが、検索エンジンのロボットに提供する情報となります。メタ要素の設定を行なうには管理メニューから「詳細設定」へ移動し「メタ要素」のタブをクリックします。
メタ要素をクリック

メタ要素の設定画面では、「keywords」「description」「ロボット避け」の設定が可能です。
メタ要素の設定画面

[keywords]
カンマ区切りで、検索エンジン用キーワードを5個程度指定します。検索エンジンでどのような語句で検索されたいかを考え指定して下さい。
(例)タロウ,なんでも質問箱,写真,アート,カメラ

[description]
30文字程度でページの紹介文を指定します。この文章は検索エンジンの検索結果で利用されます。
(例)タロウへのご質問はこちら。ご意見ご感想も受け付けています。

[ロボット避け]
チェックを入れると、検索エンジンのロボットがあなたのページをクロール(取得)しないようになります。なお、検索エンジンの中にはこの設定を無視するロボットもありますので、この設定を過信しないでください。

スタートアップ

基本的な使い方

詳細設定

カスタマイズ

環境設定

メールフォームの削除

新規ユーザー登録

カテゴリー別

検索