利用マニュアル > 掲示板 > 詳細設定

プラグインレイアウトと各設定

詳細設定では掲示板に関する様々な設定を行なうことが出来ます。
詳細設定を行なうには管理メニューの「詳細設定」をクリックしてください。
詳細設定をクリック

詳細設定にアクセスすると「プラグインレイアウトと各設定」の画面が表示されます。ここでは、プラグインのレイアウトがドラッグ&ドロップで自由に行なえます。プラグインに関しましては「利用マニュアル > サービス共通 > プラグイン」をご覧ください。
今回は、メインである「記事」の設定を行なってみます。記事の設定を行なうには以下の箇所をクリックします。
記事の設定をクリック


レイアウト設定
「詳細設定 > 記事」にアクセスすると「レイアウト設定」が表示されます。
「レイアウト設定」では、記事内の「名前」「メール」といった各項目をドラッグ&ドロップで自由に移動したり、それぞれを個別に設定することが出来ます。使用しない項目は「未使用」へ移動することで非表示に出来ます。また、「記事」「子記事」に分かれておりそれぞれ個別に設定可能です。
レイアウト設定

レイアウトは「記事ヘッダー」と「記事フッター」に分かれています。実際の記事では以下の箇所になります。
記事ヘッダーと記事フッター

レイアウト設定に表示されている各項目は、投稿フォームの項目と連動しております。現在ここに表示されていない項目で「タイトル・自由項目1〜6・カテゴリー」等がありますが、これらの項目を使用するには、投稿フォームに同様の項目を配置する必要が御座います。「投稿フォーム」の設定は「利用マニュアル > サービス共通 > プラグイン > 投稿フォーム」で詳しく解説されていますのでご参照下さい。

それでは、各項目の設定を解説します。
[名前・メール・ホーム・タイトル・自由項目1〜6]
これらの項目の設定は、それぞれ「未投稿時の表示」「前の文字列」「後の文字列」の設定を行なうことが出来ます。
以下は「名前」の設定画面です。
名前の設定画面

「未投稿時の表示」は記事投稿時に名前が未入力で投稿された時、空白ではなく代わりに表示される文字(名前)を設定出来ます。名前の場合、「NoName」や「名無し」などの名称を指定しておくと良いでしょう。

「前の文字列」と「後の文字列」を設定すると、名前の前後に固定の文字列を表示出来ます。試しに「前の文字列」に「[」「後の文字列」に「]」と設定してみました。
前の文字列と後の文字列

実際の記事内では「前の文字列」と「後の文字列」は以下のように表示されます。
前の文字列と後の文字列の表示例

[記事ナンバー・カテゴリー]
これらの項目では設定は「前の文字列」と「後の文字列」のみが行なえます、記事ナンバーに関してはデフォルトで「前の文字列」に「No.」という文字列が設定されています。

[日付]
日付は投稿された年月日を表示します。
「フォーマット」の設定で以下4種類から選択出来ます。
日付のフォーマット
また、「前の文字列」と「後の文字列」の設定も行なえます。

[時間]
時間は投稿された時分秒を表示します。
「フォーマット」の設定で以下4種類から選択出来ます。
時間のフォーマット
また、「前の文字列」と「後の文字列」の設定も行なえます。

[編集・削除・レス]
これらの項目では「表示」の設定を行ないます。記事内にどうのような文字列で表示したいか自由に決定出来ます。


画像のスタイル
画像のスタイルは記事内に表示される画像の装飾を設定出来ます。
画像のスタイル

[サムネイル]
設定サイズより大きなサイズで画像投稿が行なわれた時に、表示するサムネイルの画像サイズを設定します。設定サイズは「横幅40px 縦幅30px」「横幅80px 縦幅60px」「横幅120px 縦幅90px」「横幅160px 縦幅120px」の4種類から選択出来ます。
デフォルトでは「40×30」になっており、記事内では以下のように表示されます。サムネイル画像をクリックすると元のサイズで画像を表示出来ます。
サムネイル

[画像のスタイル]
「無し」を選択するとスタイルは行ないません。

「ノーマル」では枠線の太さ・枠線の色・角丸サイズの3項目を設定出来ます。
試しに枠線の太さを「4px」、枠線の色を「#000000(黒)」、角丸サイズを「16px」にすると以下のようになります。
ノーマルの設定例

なお、線の太さが無し(0px)の時に限り「影の濃さ」という設定が行なえます。試しに枠線の太さを「0px」、角丸サイズを「10px」、影の濃さを「50%」にすると以下のようになり、画像にドロップシャドウがかかります。
影の濃さ

「写真フレーム」は画像を写真フレームの雰囲気で表示します。更にフレームオプションで「無し」「テープ1」「テープ2」「ピン」の装飾が可能です。装飾はそれぞれ以下のようになります。
写真フレーム

「ポラロイド」は写真のフレームを以下のようにポラロイド風にします。こちらもフレームオプションが利用可能です。
ポラロイド


その他
その他

[記事表示件数]
記事表示件数では記事(親記事)を1画面に何件表示するか設定出来ます。ここで設定された件数以上になると、ページの最後に「次のページへ」等ページ送りのリンクが表示されます。表示件数はあまり多くするとページの読み込みが遅くなるので、6件程度が好ましいでしょう。

[子記事表示件数]
子記事表示件数は、返信記事を何件表示するかを設定出来ます。最大で99件まで設定出来ますが、40件以内が好ましいでしょう。

[レスソート]
レスソートにチェックを入れておくと、返信されたスレッドを一番上に上げることが出来ます。古い記事は次のページへ移動し埋もれてしまいがちですが、この設定を有効にしておけば、最新のスレッドを常に確認出来ます。

[承認設定]
承認設定にチェックを入れておくと、投稿された記事を管理者が確認するまで、以下のように非表示にすることが可能になります。
未承認時の記事
未承認時のメッセージはデフォルトではこのように表示されますが、ユーザーが任意に設定可能です。

投稿された記事は、管理メニューの「記事管理 > 削除と編集」で確認し、内容に問題なかったら「承認」を行ないます。承認方法に関しまして、詳しくは「利用マニュアル > 掲示板 > 基本的な使い方 > 記事削除と編集」でも解説されていますのでご参照下さい。

プラグイン追加

掲示板で使えるプラグインは以下になります。
「ミニプロフィール」「新着記事」「新着レス」「月別アーカイブ」「カレンダー」「友達リスト」「検索フォーム」「マイリンク」「投稿フォーム」「ミニメールフォーム」「カテゴリー」「フリーエリア1〜3」
プラグインの追加を行なうには管理メニューから「詳細設定」へ移動し「プラグイン追加」のタブをクリックします。
プラグイン追加をクリック

プラグイン新規追加の画面ではあなたの掲示板に追加出来るプラグインがリストされています。試しに「フリーエリア1」を追加してみます。
追加ボタンをクリック

その後「プラグインレイアウトと各設定」へ移動し、「未使用」の欄に「フリーエリア1」が追加されていることを確認してください。
追加されました

未使用に配置してある状態では、プラグインは表示されませんので、「フリーエリア1」を好きな場所へ配置してみましょう。試しに「投稿フォーム」の上に配置してみました。最後に「プラグインレイアウトを保存」ボタンを押すと設定が保存されます。
プラグインを配置

プラグインの「フリーエリア1〜3」はユーザーが自由に書き込み出来る場所を作成できるプラグインです。「フリーエリア1」の設定アイコンをクリックし設定も行なっておきましょう。
設定アイコンをクリック

設定画面は以下になります。フリーエリアの欄に適当な文章を追加してみます。
記入

実際に掲示板へアクセスしてみると、フリーエリア1が追加されているのが分かります。
フリーエリア1が追加されました

プラグインは未使用に移動することで、掲示板から除外することが出来ますが、完全に削除することも可能です。削除するには、削除したいプラグインを「ゴミ箱」へ移動し、最後に「プラグインレイアウトを保存」ボタンを押します。削除するとプラグインの設定データも全て削除されますのでご注意ください。
プラグインの削除
なお、削除されたプラグインは「プラグイン追加」のページに再度表示されますので、必要な時にまた追加出来ます。

カラム切り替え

カラムとはページを分割するブロックのことです。掲示板ではデフォルトでは1カラムになっていますが、サイドのブロックを追加し2カラムにすることが可能です。カラムの切り替えを行なうには管理メニューから「詳細設定」へ移動し「カラム切り替え」のタブをクリックします。
カラム切り替えをクリック

カラム切り替えの画面では「1カラム」「2カラム(左メイン)」「2カラム(右メイン)」の3種類から選択出来ます。試しに「2カラム(左メイン)」に変更してみます。「2カラム(左メイン)」を選択し、最後に「カラム変更」ボタンを押すと設定完了です。
2カラム(左メイン)を選択

「プラグインレイアウトと各設定」の画面へ移動するとカラムが変更され、「右カラム」が追加されたことが確認出来ます。
右カラムが追加されました

しかし、「右」にはプラグインが何も配置されていません。このような状態ですと実際のページには何も反映されませんので、適当なプラグインを配置してみましょう。配置出来たら最後に「プラグインレイアウトを保存」ボタンを押し設定を保存します。
プラグインを右に配置

それでは実際に掲示板を見てみましょう。右にカラムが追加され「2カラム(左メイン)」の状態になったことが確認出来ます。
2カラム(左メイン)の状態

同様に「2カラム(右メイン)」に変更してみましょう。この時、右カラムは表示されなくなりますので、右に配置しているプラグインがあったら、未使用に移動し待避させておいてください。「2カラム(右メイン)」に変更したら今度はプラグインを左に配置しましょう。
プラグインを左に配置

配置出来たら最後に「プラグインレイアウトを保存」ボタンを押し設定を保存します。実際に掲示板を見てみると以下のようになります。
2カラム(右メイン)の状態

また、「3カラム」では以下のように表示されます。3カラムではセンターの幅が窮屈になるのでページ幅を840pxに変更しました。
3カラムの状態

なお、「1カラム」のときのセンターでは、点線で区切られた上部と下部には横並びでプラグインを配置出来ます。試しに上部へプラグイン2つを並べてみました。
横並びでプラグインを配置

実際の掲示板では以下のように表示されます。
横並びのプラグインが表示された実際の画面

上部と下部以外では縦に配置されます。
縦並びに配置

実際の掲示板では以下のように表示されます。
縦並びのプラグインが表示された実際の画面

メタ要素

「メタ要素」では主にページの概要を指定します。これらの情報は実際にはページ上に表示されませんが、検索エンジンのロボットに提供する情報となります。メタ要素の設定を行なうには管理メニューから「詳細設定」へ移動し「メタ要素」のタブをクリックします。
メタ要素をクリック

メタ要素の設定画面では、「keywords」「description」「ロボット避け」の設定が可能です。
メタ要素の設定画面

[keywords]
カンマ区切りで、検索エンジン用キーワードを5個程度指定します。検索エンジンでどのような語句で検索されたいかを考え指定して下さい。
(例)掲示板,雑談専用,アニメ,漫画,音楽

[description]
30文字程度でページの紹介文を指定します。この文章は検索エンジンの検索結果で利用されます。
(例)太郎の掲示板へようこそ!仲間内で使用する雑談専用の掲示板です。

[ロボット避け]
チェックを入れると、検索エンジンのロボットがあなたのページをクロール(取得)しないようになります。なお、検索エンジンの中にはこの設定を無視するロボットもありますので、この設定を過信しないでください。

スタートアップ

基本的な使い方

詳細設定

カスタマイズ

環境設定

掲示板の削除

新規ユーザー登録

カテゴリー別

検索