WOX - WOX

ja_JP

利用マニュアル > ギャラリー > 環境設定

セキュリティー

セキュリティーの設定を行なうには管理メニューの「環境設定」のプルダウンメニューから「セキュリティー」をクリックします。
セキュリティーをクリック


コンテンツ公開設定
セキュリティーの設定画面へアクセスすると、「コンテンツ公開設定」が表示されます。
コンテンツ公開設定ではギャラリーをどのレベルで公開するか決定出来ます。公開レベルは「インターネット全体」「WOXユーザー全体」「WOXフレンドのみ」「パスワード制限」「一時休止」の5種類から選択出来ますので、必要に応じて設定してください。

注意! 公開制限(インターネット全体以外の状態)を行うとRSS配信は行えなくなります。RSSを有効にしていた場合は自動で無効になります。

コンテンツ公開設定

[インターネット全体]
「インターネット全体」に設定すると、全世界にあなたのギャラリーを公開する状態になります。
デフォルトではこの設定になっています。

[WOXユーザー全体]
「WOXユーザー全体」に設定すると、ギャラリーへのアクセスをWOXユーザーのみに限定出来ます。WOXユーザーからのアクセスとは、WOXにユーザー登録を行なっており、なおかつそのユーザーがログインした状態を指します。また、「制限時に表示されるメッセージ」を指定すると、制限画面で訪問者へ簡単なメッセージを伝えることが出来ます。
未指定では以下のようにシステム側で用意されたメッセージが表示されます。
WOXユーザー全体

[WOXフレンドのみ]
「WOXフレンドのみ」に設定すると、ギャラリーへのアクセスをWOXフレンドのみに限定出来ます。なお、WOXフレンドはログインした状態でなければアクセス出来ません。また、「制限時に表示されるメッセージ」を指定すると、制限画面で訪問者へ簡単なメッセージを伝えることが出来ます。
未指定では以下のようにシステム側で用意されたメッセージが表示されます。
WOXフレンドのみ

[パスワード制限]
「パスワード制限」に設定すると、ギャラリーへのアクセスに特定のパスワードが必要になります。パスワードを知らない訪問者は一切アクセス出来なくなりますので、こっそり運営したい場合に適しています。「制限パスワード」は半角英数12文字以内で指定してください。また、「制限時に表示されるメッセージ」を指定すると、制限画面で訪問者へ簡単なメッセージを伝えることが出来ます。
未指定では以下のようにシステム側で用意されたメッセージが表示されます。
パスワード制限

[一時休止]
「一時休止」に設定すると完全にアクセスを遮断します。
この状態では、誰もアクセス出来なくなりますので、何らかの理由で運営を一時中断したい場合に利用出来ます。また、「制限時に表示されるメッセージ」を指定すると、制限画面で訪問者へ簡単なメッセージを伝えることが出来ます。
未指定では以下のようにシステム側で用意されたメッセージが表示されます。
一時休止


ブラックリスト
ブラックリストの設定では「禁止IP・ホスト」「禁止ワード」の設定を行ないます。
この設定は「書き込み」と「アクセス」に対してそれぞれ行なえます。
ブラックリスト

[禁止IP・ホスト]
ギャラリーを運営していると、コメントにスパムと言われる迷惑投稿が行なわれることがあります。投稿者のIPアドレスは「記事管理 > 削除と編集」からの件数部分をクリックし、「コメント一覧」の画面で確認出来ます。
コメント件数部分をクリック

IPアドレスをを「書き込み禁止リスト」に指定すると、以後指定したIP(送信元)からは二度と投稿されなくなります。
設定画面では以下のように設定します。例としてIPアドレスを「123.456.789.10」としています。
禁止IPを記入

また、複数指定する場合は以下のように改行して指定してください。
禁止IPを複数記入

「禁止IP・ホスト」はアクセスに対しても行なえます。一部のIP(訪問者)から閲覧されたくない場合、その訪問者のIPやホスト名を「アクセス禁止リスト」で指定してください。
禁止IPを記入

なお、「禁止IP・ホスト」は一部だけ記述しても構いません。
例えば、「123.456.789.10」というIPアドレスを拒否したい場合、そのまま記述しても良いですが「123.456.789.」のように最後の「10」をあえて記述しない書き方もあります。この場合、最後の数字が変化した場合にも対応出来るので幅広いIP帯域を制限出来ます。

ホスト名も同様で一部分が毎回変化するケースがあります。例えば「xxx.docomo.ne.jp」というホスト名では「xxx」部分が毎回変化することがあります。このような場合は「.docomo.ne.jp」と指定することで「xxx」部分はどのような文字でも対応出来、範囲が広がります。

[禁止ワード]
「禁止ワード」をうまく使えば、多くのスパムをブロック出来ます。「禁止IP・ホスト」の設定でもブロック出来ますが、スパマーが毎回同じIPアドレスとは限らないため、禁止ワードでブロックする方が良い場合もあります。例えば、毎回同じ宣伝先URLを投稿してくる場合、禁止ワードとしてそのURLを指定すると良いでしょう。また、スパム投稿ではアダルトサイトの宣伝も多いので、アダルト用語を指定しても効果があると思います。
指定方法は「禁止IP・ホスト」の時と同様で、設定画面では以下のように設定します。
禁止ワードを記入

また、複数指定する場合は以下のように改行して指定してください。
禁止ワードを複数記入
なお、指定するURLは出来る限りそのURLの一部のみを指定すると良いでしょう。
例えば、以下のようなURLでは「www」や「abc.html」の部分が変化する可能性があります。
(例)http://www.example.com/abc.html
従って変化する箇所は省略し「example.com」と指定する方が好ましいです。

ファビコンの設定

ファビコンはウェブページに関連付けられたアイコンで、Favorite icon(フェイバリット・アイコン)という英語の語彙を略したものです。ファビコンを設定すると、ブラウザのURL欄やブックマーク時のアイコンとして利用されます。オリジナルのロゴがあればファビコンとして利用すると良いでしょう。
ファビコンの解説

ファビコンの設定を行なうには管理メニューの「環境設定」のプルダウンメニューから「ファビコンの設定」をクリックします。
ファビコンの設定をクリック

設定画面へアクセスしたら、プルダウンから「使用」を選択しファイルをアップロードしてください。
ファビコンの設定画面

独自ドメインの設定

独自ドメインでギャラリーを運用するには、既に独自ドメインを取得してあることと、ドメインを取得したサイトでDNSの設定が完了している必要があります。なお、この機能はプレミアムユーザーのみの機能ですので、無料ユーザーではご利用頂けません。

1.ドメインの取得
ドメインの取得は以下サイト等で行なえます。お好みのサイトで取得してください。ドメインの取得方法に関してはWOXではサポートしておりませんので、各サービスへお問い合わせ下さい。
  • バリュードメイン
    http://www.value-domain.com
  • お名前.com
    http://www.onamae.com
  • ムームードメイン
    http://muumuu-domain.com


2.DNSの設定
ドメインを取得されたサイトにて、DNS(ネームサーバー)の設定を下記の情報に変更してください。DNSの設定変更後、反映されるまでには早くて1日、遅くて3日程必要です。DNSの設定はドメイン取得先のサイト上で変更出来ない場合もありますので、利用サービス元へDNS(ネームサーバー)を下記の情報に変更依頼をして頂くことになります。また、設定変更の際、DNSサーバー名のみで良い場合や、IPアドレスも入力しなければならない場合があります。
プライマリネームサーバーns1.wox.cc
プライマリネームサーバーIP49.212.147.201
セカンダリネームサーバーns2.wox.cc
セカンダリネームサーバーIP49.212.146.133

DNSの設定に関しましては不明な点があれば、基本的にサービス提供元へお問い合わせ頂くことをお願いしておりますが、上記で紹介させて頂いた「バリュードメイン」「お名前.com」「ムームードメイン」に関しましては解説させて頂きたいと思います。各ドメインサービスはWOXでは管理しておりませんので、設定画面や設定方法は予告無く変更される可能性も御座いますがご了承下さい。

[バリュードメインの場合]
(手順1)ユーザーコントロールパネルへログインする。
(手順2)ネームサーバーの変更をクリック。
ネームサーバーの変更をクリック

(手順3)ドメイン名をクリック。
ドメインをクリック

(手順4)ネームサーバーを設定し「保存する」ボタンを押す。
ネームサーバーを入力


[お名前.comの場合]
(手順1)ドメインNaviへログインする。
(手順2)ネームサーバーの変更をクリック。
変更するをクリック

(手順3)ネームサーバー情報を入力するをクリック
ネームサーバー情報を入力するをクリック

(手順4)ネームサーバーを設定し「確認画面へ進む」ボタンを押す。確認画面が表示された後「設定する」ボタンを押すと設定完了です。
ネームサーバー情報を入力


[ムームードメインの場合]
(手順1)コントロールパネルへログインする。
(手順2) コントロールパネルメニューからネームサーバ設定変更をクリック。
ネームサーバ設定変更をクリック

(手順3)ネームサーバ設定変更をクリック
ネームサーバ設定変更をクリック

(手順4)上記以外 のネームサーバを使用するを選択し、ネームサーバーを設定。最後に「ネームサーバ設定変更」ボタンを押すと完了です。
ネームサーバーを入力


3.WOXでの設定
独自ドメインの設定を行なうには管理メニューの「環境設定」のプルダウンメニューから「独自ドメインの設定」をクリックします。
独自ドメインの設定をクリック

独自ドメインの設定であなたが取得したドメインを指定します。以下の解説画像では「example.com」になっていますが、必ずあなたの取得したドメイン名を入力してください。最後に「設定を保存」ボタンを押せば設定が完了です。
ドメインを入力

ドメインの設定が完了したら、実際にギャラリーへアクセスしてみましょう。ブラウザのURL入力欄に「http://あなたが取得したドメイン名」を入力しアクセスしてみて下さい。
独自ドメインでアクセス出来ました
取得したドメインでギャラリーへアクセス出来ない場合は、DNSの浸透がまだ行なわれていない可能性があります。DNSの浸透は早くて1日、遅くて3日程必要ですので暫く経ってからアクセスを試みて下さい。それ以上経っても独自ドメインでのアクセスが行なえない場合、「DNSの設定」に誤りがある可能性がありますので、ドメイン取得サイトのDNS設定を見直してください。


設定されたドメインを削除するには、「環境設定 > 独自ドメインの設定」で「設定済ドメイン」の「削除」をクリックします。
ドメインを削除
ドメインを削除すると、独自ドメインである「example.com」でのアクセスは行なえなくなり、通常のギャラリーアドレスである「あなたのギャラリーID.gallery.wox.cc」にアクセスすることになります。


その他ドメインに関して
[サブドメインでの運用]
独自ドメインの設定では「example.com」のような通常のドメイン形式の他に、「gallery.example.com」といった「サブドメイン形式」にも対応しています。
運用例として以下のようなケースが考えられます。
  1. ホームページでは「example.com」を使用。(通常のドメイン)
  2. ギャラリーでは「gallery.example.com」を使用。(サブドメイン)
  3. ノベルでは「novel.example.com」を使用。(サブドメイン)
このように、サブドメイン形式でご利用頂くことにより、「example.com」という1つのドメインで複数のアドレスをご利用頂けます。
※ドメインの設定は1ユーザーにつき上限30ドメインまでとさせて頂いております。

[サブドメインのwww]
「www.example.com」のように「www」付きでサブドメインを登録した場合、本システムではwwwなしの「example.com」として登録されます。また、「www.example.com」でアクセスした場合は、wwwなしの「example.com」へリダイレクトされますので、基本的にサブドメイン「www」での運用は行なえません。

[独自ドメイン設定に伴ない利用出来なくなる機能]
独自ドメインを使用するとセッションの関係で以下の機能が利用出来なくります。
  1. 足跡機能が使えなくなります
  2. 自サイト内のWOXフレンド申請フォームが機能しなくなります(別のページで申請可能)
  3. コンテンツ公開レベルの「WOXユーザー全体」と「WOXフレンドのみ」が設定出来なくなります


メールアカウントの追加
プレミアムユーザー「32GBプラン」に限り、設定したドメインでメールアカウントを追加出来るようになります。
メールアカウントを追加するには、メールアカウント追加をクリックします。
メールアカウント追加をクリック

次に、「メールユーザー名」と「メールパスワード」を決定し、「追加する」ボタンを押してください。
メールアカウント追加のフォーム

以下のようにメールアカウントが追加されます。
メールアカウントが追加されました
メールアカウントは1つのドメインにつき最大で10個まで追加出来ます。「編集」はメールパスワードを編集する場合に使用してください。
「削除」はメールアカウントを削除します。メールアカウントを削除しますとメールボックス内のデータは全て削除されます。


メールクライアント側の設定
メールアカウントを設定したら、ご利用のメールクライアント(ソフト)に設定しましょう。
基本的な情報は「アカウント情報表示」をクリックし確認してください。
アカウント情報表示
以後の解説ではサンプルとして以下のアカウント情報を利用し設定していきます。
お客様が実際に設定する場合は各情報をお客様の情報に置き換えて設定を行って頂くようお願い申し上げます。
  • メールアドレス
    tarou@example.com
  • メールアカウント
    tarou@example.com
  • メールパスワード
    abcd1234
  • 受信メールサーバー
    mail.example.com
  • 送信メールサーバー
    mail.example.com

Windows - [Thunderbird 3.1.7] の場合
「ファイル > 新規作成 > メールアカウント」から設定が行えます。
ファイル > 新規作成 > メールアカウント

メールアカウント設定を行います。全て入力し終わったら「続ける」をクリックしてください。
メールアカウント設定画面
  • あなたの名前
    受信者に表示される名前です。任意に決定して下さい。
  • メールアドレス
    お客様の『メールアドレス』を入力します。
  • パスワード
    お客様の『メールパスワード』を入力します。

自動的に設定が行われますが、「編集」をクリックし正しい情報に修正します。
編集をクリック

以下のように設定し、最後に「設定を再テスト」をクリックしてください。
設定を再テスト
  • ユーザ名
    お客様の『メールアカウント』を入力します。
  • 受信サーバ
    お客様の『受信メールサーバー』を入力します。
  • 受信サーバの種類
    『POP』を選択します。(IMAPも選択可)
  • 受信ポート番号
    『995』を入力します。(IMAPの場合993)
  • 受信サーバの接続の保護
    『SSL/TLS』を選択します。
  • 送信サーバ
    お客様の『送信メールサーバー』を入力します。
  • 送信ポート番号
    『465』を入力します。
  • 送信サーバの接続の保護
    『SSL/TLS』を選択します。

以下の画面になりますので、アカウント作成をクリックして下さい。
アカウント作成をクリック
クリック後に警告の画面が出ますが「接続する上での危険性を理解しました」にチェックし、アカウント作成をクリックします。

更に「ツール > アカウント設定」から設定を行います。
ツール > アカウント設定

「送信(SMTP)サーバ」をクリックし、該当送信サーバの「編集」をクリックします。
送信(SMTP)サーバ > 編集

送信(SMTP)サーバの設定を行います。
送信(SMTP)サーバの設定
  • 説明
    任意です。空白でも可です。
  • サーバ名
    お客様の『送信メールサーバー』を入力します。
  • ポート番号
    『465』を入力します。
  • 接続の保護
    『SSL/TLS』を選択します。
  • 認証方式
    暗号化されたパスワード認証
  • ユーザ名
    お客様の『送信メールサーバー』を入力します。

Macintosh - [Mac OS X Mail] の場合
「ファイル > アカウントを追加…」をクリック
ファイル > アカウントを追加

アカウントを追加する設定を行います。全て入力し終わったら「続ける」をクリックしてください。
アカウントを追加
  • 氏名
    受信者に表示される名前です。任意に決定して下さい。
  • メールアドレス
    お客様の『メールアドレス』を入力します。
  • パスワード
    お客様の『メールパスワード』を入力します。

「証明書を検証」というウインドウが開く場合は「接続」をクリックします。
証明書を検証

あなたのパソコンの管理パスワードを入力し「OK」をクリックします。
証明書の信頼設定

受信用メールサーバの設定を行います。全て入力したら「続ける」をクリックします。
受信用メールサーバの設定
  • アカウントの種類
    『POP』を選択します。(IMAPも選択可)
  • 説明
    任意です。空白でも可です。
  • 受信用メールサーバ
    お客様の『受信メールサーバー』を入力します。
  • ユーザ名
    お客様の『メールアカウント』を入力します。
  • パスワード
    お客様の『メールパスワード』を入力します。

送信用メールサーバの設定を行います。全て入力しましたら「続ける」をクリックします。
送信用メールサーバの設定
  • 説明
    任意です。空白でも可です。
  • 送信用メールサーバ
    お客様の『送信メールサーバー』を入力します。
  • 認証を使用
    チェックを入れます。
  • ユーザー名
    お客様の『メールアカウント』を入力します。
  • パスワード
    お客様の『メールパスワード』を入力します。

アカウントの概要が表示されますので、「作成」をクリックします。
アカウントの概要

「Mail > 環境設定」をクリックします。
Mail > 環境設定

アカウントに移動し、アカウント情報の「送信用メールサーバ(SMTP)」をクリックします。
送信用メールサーバ(SMTP)

プルダウンから「SMTPサーバリストを編集…」をクリックします。
SMTPサーバリストを編集

「詳細」で以下のように設定し、最後に「OK」をクリックします。
SMTPサーバリストを編集の詳細タブ
  • デフォルトポートを使用(25, 465, 587)を選択。
  • SSL(Secure Sockets Layer)を使用にチェックを入れる。
  • 認証
    『パスワード』を選択します。
  • ユーザ名
    お客様の『メールアカウント』を入力します。
  • パスワード
    お客様の『メールパスワード』を入力します。

アカウントの設定に戻り「詳細」の設定を以下のように行います。
アカウントの設定の詳細タブ
  • ポート
    『995』(IMAPの場合は993)を入力し『SSLを使用に』チェックする。
  • 認証
    『パスワード』を選択。

テンプレート管理

テンプレート管理では「テンプレートの変更」や「Myテンプレートの保存と変更」が行なえます。
「テンプレートの変更」に関しましては「基本的な使い方 > テンプレートの変更」で解説させて頂きましたのでご参照下さい。

ここでは主に「Myテンプレートの保存と変更」に関して解説させて頂きます。Myテンプレートの保存を利用すると、現在のカスタマイズ状態を簡単に保存出来ます。気にいったデザインが完成したら、Myテンプレートに保存しておくと良いでしょう。また、思い切ってデザインを変更する前に、現在の状態をMyテンプレートへ保存しておくと、カスタマイズに失敗した場合等に、過去の状態に戻ることが出来るのでデザインのバックアップとしてもご利用頂けます。

「Myテンプレートの保存と変更」を行なうには、管理メニューの「環境設定」をクリックしプルダウンメニューから「テンプレート管理」を選びます。
環境設定 > テンプレート管理をクリック


Myテンプレートの保存
テンプレート管理の画面へ移動したら、「Myテンプレートの保存と変更」のタブをクリックします。
Myテンプレートの保存と変更をクリック

Myテンプレートの保存と変更の画面が表示されたら、テンプレート名を入力し「テンプレート保存」ボタンを押すと保存が完了します。
テンプレート名を入力

以下のようにMyテンプレートが保存出来たことが分かります。
保存されました

なお、保存したテンプレートは適当にカスタマイズした状態で、背景色を黄色にしてみました。
背景を黄色に変更したギャラリー


変更
今回は、実際に変更されるかを説明する目的で、変更前にデザインを適当に変更しました。背景を黄色から青色にしてみます。
背景を青色に変更したギャラリー

それでは、実際に変更してみましょう。変更したいテンプレートを選択し「テンプレート変更」ボタンを押すと変更が完了します。
テンプレートを選択

以下のように変更されており過去に保存した状態(背景色が黄色)になっていることが分かります。
過去のデザインに戻りました
新規ユーザー登録

カテゴリー別

検索